google-site-verification: google183ad324ac4f395e.html

BTSバンタン初期から推してる気分になりたいブログ

初期円盤や有料コンテンツ、公式SNSなどを見てメンバー愛を書き散らし初期から推してる気分なりたいブログ

①【BTS 2014年 Memories】バンタン初単独コンサート『The Red Bullet in Seoul』

※写真はBTS公式SNSより引用させて頂いたもののみ掲載しております


 

人生半ば…

アイドルにハマったの生まれて初めてコモです。

「バンタンデビューから推したかった‼️」

当初から推してる気分になりたい!

…って事で初期円盤などを見ては感想述べたりしてます。。。

 

誰かの切り取りを観ては楽しんで来たけど結局前後の流れを自分の目で見てバンタンの歴史を知りたいし言語化してみたいな〜って。

見て下さる方からしたら、このブログも「コモの感情が吹き込まれた切り取り」に過ぎないですが、どうぞ宜しくお願いします(^^)

 

 

⭐️BTS 2014年 Memories

防弾少年団がデビュー2013年6月13日から1年以上経った2014年10月19日

初単独ライブ最終日のコンサート映像を観ていく〜

公式Twitterより↓

意訳→D-1ついに明日!!!!!!ああああああああああああ!!!!ああああああ!!!!

もちろん最初やからファンの数も少なくて。

数千人くらい?の会場って感じ…

いまでは何万人も入る会場でさえチケット争奪戦やのにね…🥺

それだけで感動してしまう(いきなり激重)

 

セットリスト⬇︎

1.N.O
2.We Are bulletproof Pt2
3.We on
4.Let me know
5.Rain
6.Blanket kick
7.Just one day
8.Look here
9.Outro,propose
10.No more dream
11.So 4 more
12.Tomorrow
13.Miss Right
14.Like
15.If I ruled the world
16.Cypher Pt.3 Killer
17.Cypher Pt.2
18.War of hormone
19.Danger
20.Boy in Luv
21.ROAD PATH
22.Jump
23.Attack of BANGTANG
24.Paldogansan(八道江山)

 

 

なんせ今と比べるとラップパートが多い。

ラップラ大活躍!

ホルモン戦争のグク単独ラップが超新鮮🤩

グクがユンギを肩車する演出なんて今のBTSでは絶対見れないね〜

 

ラプラが歌う『Cypher Pt.3: Killer』に見知らぬ人が加わってて「誰だれダレwww?」てなった!

急にラップラ4人になってるやん❗️てびっくり!!

Supreme Boiさんって方が一緒に歌ってくれたんやね〜

ちょっと調べてみたらバンタンの有名どころの作詞作曲、沢山してらっしゃるね!!!

 

ナムホビと同い年の音楽家(当時ラッパー兼、練習生のひとり←ネット情報)だってぇ〜

ひゃ、歴史感じるな。

※9周年アンソロジーアルバム【proof】のCypher Pt.3でフューチャリングSupreme Boiさんになってるねぇ🤩

エモいね!!↓

https://n.news.naver.com/entertain/article/108/0003052162

 

アミもバンタンも双方、片腕あげて縦ノリの都会のクラブハウスみたいな雰囲気が何とも良いコンサート(^^)

 

アミ達が持ってる黄緑の蛍光ペンライト?がオタ芸する人のアレに見える🤣

まだアミボムも誕生してないのね…

 

そして…

これは強調したい…

⭐️てっちゃんの美しさは既に出来上がっとった…

(皆さんご存知ですよね)

f:id:komodokun:20220206224656j:image

↑公式Twitterより

 

⭐️ホビ「バンタンの希望ジェイホープ」ってフレーズを使ってて当初から盛り上げ役である。

 

⭐️有名な「オレは誰だ?」ってマイクを会場に突き出すオラオラジミンちゃん❤️

コンセプトに合わせようとカッコつけて頑張ってる所が超愛おしい〜

そしてノーモアの「ラ〜ラララ〜ラ♪」で回転しながらシックスパック見せる技…

そりゃ、みんな「きゃーーっ!!!」なるで。

だってガッチガチに固そうな腹筋やもん。

 

⭐️グクは今も昔も変わらん少しハニカミながら正統派コメントするのが、これまた良い。

しかし後半コメントで皆が思い入れたっぷりに話す中…

🐰グク「校長先生みたいに長い話は嫌でしょ?」って言い出してウケたw

あのねぇ〜アナタの話してる姿たくさん見たいのよぉ wと心の中でツッコんだ。

ココナッツマッシュヘアがチョアよ♡

よう似合う〜

頭の丸さの極みぃ

可愛すぎた。

 

⭐️初期のジンくんは、なんと言っても子鹿のような不安そうな様子と育ちの良さみたいなんが感じられて…

今みたいな「ざっくばらん」さは皆無

ソンキスしない(←ここ大事)

(今じゃ全員が期待してるのに)

とにもかくにも一所懸命さを感じた🥺

7人みんな一生懸命なのは当たり前なんやけどジンくんが本当に一所懸命で真面目さが滲み出てた。

 

⭐️ナムの研ぎ澄まされし金髪ツーブロ

コメントの時もそうやけど、ナムさんがニコニコしてて本当に心から嬉しそう。

「夢が叶った実感を噛み締めとる感じ」がね…🥺

進行する時の「さあ行きましょう」のナムの顔は今と変わらん「えくぼ炸裂満面の笑み」に癒される。

 

⭐️今では貴重「頑張ってアイドルらしく笑顔を振りまく、にっこにこユンちゃん」が、たまらない愛おしさ(^^)

でもステージは慣れてる感じがしたね。

早い時期からラッパーとして活動してたからだろうね。

でもコンサート初日の舞台裏では緊張で「吐いてきていいですか?」とカメラに向かって言ってた笑

 

○全員同じ制服衣装にコンバースハイ

○皆カッターシャツにお揃いのCDジャケットと同じBTSロゴが入ってるネクタイなの、なんか、いいな〜

今はハイブランドで固められてるから尚更、良い。

○最後アンコールの時のTシャツ→前が06で背中が13で少年団デビュー日なのね〜

今のコンサートだと私服&グッズ服だけど当時はある程度決められた衣装を着てる感じがいいね↓

 

「かいがいぽ」(じゃんけんぽん)で、ラップチームとボーカルチームで負けた方が愛嬌を見せる対決で相変わらず愛嬌を恥ずかしがるぐぅちゃん。

 

当初からテテとグクは2人でちょっとしたアドリブを入れて曲中でキラキラした笑顔で楽しんでるのがチョア〜

仲良いねぇ〜尊いねぇ〜

 

当たり前やけど…

まだまだ今のような抜け感を感じない気合いの入った初々しさが、たまんないコンサートだった〜

 

♪ミスライト

皆で歌いましょうってとこで

グク言わされる→「オッパが…ひとつお願いがあるんだ…大きな声で歌え‼️」

アミたち→「きゃーー!!!!!!」🤣

 

♪プリティウーマン

テテ「僕はこの歌が1番好き」

グク「僕はアミが1番大好き」

 

印象に残ったメント↓

●テテ「アミ達が見捨てなければ僕達全力を尽くします。さらんへよ👍」

 

●ユン「皆さんが僕達を幸せな気分にさせてくれて本当に感謝してます」

 

●ジン「これが最後じゃないよ、まだ続くよ」ソンキスしない←またここ大事

 

●グク「コンサート3日目だから皆さん疲れたんじゃ無いですか?」

アミ(いいえー!)

グク「知ってます!」

 

●ジミン「こんな長く歌い続けるの大変なんです!僕の手が小さくてマイクを握るのが大変なんです!」

 

●ホビ 胸いっぱいって感じの顔で泣いてしまいそうになりながら…

「言葉にできないです。感謝してます。愛してます。」って言うとこ…

観てるこっちも胸いっぱい🥺ってなったさ〜

グクから「泣くなよ?」って茶化されてた笑

 

●ナム「君の道を僕が一緒に歩むよ」

この3日で1番感動した言葉って言ってた。

 

●ジンくん

「数千人の方々が集まってくださって感謝、とても嬉しい

「ROAD PATH」を歌う時ずっと泣きたかったです。

(※ROAD PATH歌詞の一部抜粋↓)

僕は変わったのだろうか

他の道を選んだのなら

立ち止まって振り返ったのなら

現実は異なっていたし周りが俺を止めたって出口の光も見えないトンネルを独りで歩いた

独りだと思っていたのに気づいてみると7人

素足ではなく防弾という靴を履いて

この曲の雰囲気もそうだし…

泣きたかったけど一番年上だから泣いたらだめじゃないですか…

僕は最後まで最年長のイメージを守りたいから僕は泣きません。

いつも僕たちと同じ道を歩んでくれて本当に感謝します。

僕たちの両親と同じくらいアミたちを愛しています」

・舞台裏カメラ→「我慢したけどアミたちが泣いてるのを見て、泣きました。アミたちの前だから泣きました」

おーーん。゚(゚இωஇ゚)゚。

私も泣く

 

●ユンギ

「いつもあきらめたいと思ったり僕には無理だと思ってきましたがステージに上がっている瞬間だけは皆さんのおかげで感謝する気持ちでいっぱいで僕は幸せです」

・Vログ→「ラップをやろう、その人生を生きると決めた」のが小学6年生の時!!!

「アミたちがいてくれるなら10.20年つづけられます」

ずっと推すに決まっとる!!

ぅおーーん。゚(゚இωஇ゚)゚。

・ステージ後の舞台裏カメラ→「本当の主役はARMYです」

・カメラに向かってソンキス←ユンちゃんのソンキス大変貴重でございます👏

 

●ナム

「今幸せかどうか、よくわからない人はいますか?

今幸せと感じたらそれが幸せです。

ある意味、人は幸せを追いながら生きてるじゃないですか。

幸せに…お金持ちにならなきゃ、いい人と結婚しなきゃ、と夢を叶えてやりたいことをやろうとか…良い友達を作ろうとか、おいしいものを食べるとか、こういうのが全部幸せだけど僕はこの瞬間が幸せだと思います。
何が幸せか何がいいか、いつも価値を判断してるでしょ。

だけど僕たちの道を一緒に歩んでくれると言う皆さんもいるし、また僕も皆さんを幸せにしてあげられるしアミも幸せと言ってくださるから、それだけで僕は幸せ」

・Vログにて→「2007年からラップをして4年、防弾少年団を続けてきてパンPDが「必ず君の歌やラップを沢山の人に聴いてもらえるよう尽くすよ」と言ってくれ共に頑張ってきた」

・舞台裏カメラ→ステージで伝え切れなかった思いを語る「ステージがとても大切。自分たちを犠牲にしても、ここまで頑張ってきた皆にも感謝してる」

 

●ジミン

「歌手という職業を選ぶのは簡単じゃないですよね?

他の仕事とは少し違う気がします。

ただのお金稼ぎのためじゃなくて…

皆さんと一緒に楽しみながら自分の仕事に幸せを感じながら生きるのって簡単じゃないでしょ。
だから皆さんがいて幸せです。
そしてお母さんが僕が歌手の道を選べるように立派に育ててくれたので…

お母さんに感謝しています」
・舞台裏カメラにて→「ホビヒュンが泣き出して泣きそうになってしまって話そうと準備してた事と違う話をしちゃった。もっと素敵なバンタンになれるように頑張ります」

 

●テテ
「事務所に入ったのが2011年9月で地元のダンススクールに通って、いつも先生に怒られながらもチャンスに恵まれて事務所に入れて。
防弾少年団の存在を知って「メンバーになりたい」と言いました。
すごく頑張ったけど、もしかしたら入れないところでした。
落ちるところだったけど、そのたびにメンバーたちがいつも僕を支えてくれて…
とにかく僕はメンバーのおかげでここにいられるんだと思います。
メンバーたちがいるから僕が存在するわけでアミたちがいるから僕たちが居る。
メンバー達と一緒なら何でもやります」
・舞台裏カメラ→「アミたちが笑ってくれてると僕達も幸せだから笑っていてください」

今と何も変わらないね〜
私たちの幸せを願うてっちゃんのやさしさ〜
大好きぃ😘❤️

 

 

コンサート期間中の個人ツイート↓

この頃からオシャレだなぁ〜ナムさん

さすがリーダーって感じするね。

ぐぅちゃん、あどけないな…↓

たまらんな…

美少年てつお↓

育ちの良さが際立つジンにょん↓

この頃からオシャレだなーホビたん↓

 

 

みんな子犬みたいに、かわええんだわっ!!!

胸キュン止まらぬ2014年の少年団

7兄弟を見守るオンマ人格で観ました。

 

7人とも今も昔も変わらないノリとファンへの深い愛を感じたな〜

 

コンサート後の映像画面の一文↓

【この道の先に何があるんだろう…】

 

この時は、まさか世界中で大人気になってしまうなんてさ〜

誰一人、想像さえしていなかったよね☺️

 

 


 

BTS DVD サマパケ花様年華 memories 2014 BTSMEMORIES ハピエバ 君に届くファンミーティング 防弾少年団 バンタン EPILOGUE RMナムジュン JIN ジン ソクジン SUGA ユンギ JHOPE ジェイホープ ホソク JIMIN ジミン V テヒョンテテ JUNGKOOK ジョングク グク wake up wakeup begins BANBANCON バンステ エピローグ epilogue onstage wings final ソウルコン イルコン アンカバ 君に届くmagicshop